全国デマンド交通システム導入機関連絡協議会

自治体の方へ
地域住民の方へ
商工業者の方へ
交通事業者の方へ
デマンド交通システムが実現すること

サービス概要
サービスのイメージ
運営の方法

導入事例
導入の実績
導入団体の声
導入支援策


全国デマンド交通システム導入機関連絡協議会
会長挨拶
協議会顧問挨拶
関連リンク
お問い合せ
トップページへ戻るボタン

商工業者の方へ
トップページ課題解決:商工業者の方へ>ソリューション


集客数・売上高の向上
住民の気軽な移動手段として、活気ある地域へ〜小高町の場合
 小高町のデマンド交通システムの利用に関するデータによると、デマンド交通で病院に来て、商店から自宅に帰るという人が増えています。お年寄りの方も病院から商店街までは徒歩で移動されているようです。当初は病院の往復に利用するだけだった方が、買い物にも利用されるようになってきました。病院と商店街の間の歩道のバリアフリー化も実施されました。



ページトップへ

テーブル下



経費の削減
顧客送迎のコスト削減の一助に〜保原町の場合
 保原町では、町が運行する福祉施設への送迎を行う福祉バスと病院直営のバスが運行されていましたが、このうち福祉バスについては、戸口から戸口のデマンド交通システムに切り替えられ、より便利になるとともに町の経費が削減されました。
 今後は、病院・商店にも顧客送迎に関する経費削減の実現策として、デマンド交通システムの活用を訴求していく考えです。

ページトップへ

テーブル下



商店街の活性化
店での待合い、利用予約の代行など送迎の特色を生かした販売戦略で集客〜浪江町の場合  
 浪江町では、デマンド交通システムと地域の商店街と連携して、「まちの店よってみせ運動」を展開中です。町内の各お店が、お客様に代わって、車を呼んだり、待合場所を提供するなど、さまざまな利用者サービスが展開されています。商店などから予約すれば車が迎えに来て家まで送ってくれるので、お年寄りの方でも大きい荷物の買い物も安心してできるようになりました。飲食店では、ランチメニューのお客様にデマンド交通システムの利用チケットをプレゼントして、自店の販売促進に活用されているところもあります。
商店街共通待合所への集客
 商店街に待合所を作り、デマンド交通システムの利用の便宜を図っています。待ち時間に食事をしたり、おしゃべりをしたりする憩いの場になっています。

  カルチャーセンターのように、絵画、書道、アロマテラピー等の教室を開いて、地域の交流の場として機能しています。好評につき、町内にもう一箇所待合所を増設します。
 

ページトップへ

テーブル下




新たなサービスの展開
イベントの送迎利用で住民にも好評〜浪江町の場合  
 デマンド交通システムの運休する、土日祝祭日に車両の借り上げサービスを行い、小学生の試合の遠征やスポーツイベントの送迎等に利用し好評を博しました。これをきっかけに、“お酒を安心して飲める”ように結婚式場への送迎など様々な利用シーンをPRして利用拡大を図りたい意向です。
様々な利用を考案中〜大和町の場合
 春の花見、夏の避暑地の寺院参拝、アルバイトの通勤、ゴルフ場利用者の送迎など、様々な利用が考えられています。
 

ページトップへ

テーブル下



ホーム サイトマップ お問い合せ プライバシーポリシー Copyright (c) 2005 全国デマンド交通システム導入機関連絡協議会