全国デマンド交通システム導入機関連絡協議会  

課題解決
自治体の方へ
地域住民の方へ
商工業者の方へ
交通事業者の方へ
デマンド交通システムが実現すること

サービス概要
サービスのイメージ
運営の方法

導入事例
導入地域
導入団体の声
導入支援策


全国デマンド交通システム導入機関連絡協議会
会長挨拶
協議会顧問挨拶
関連リンク
用語集
お問い合せ
サイトトップへ


運営の方法
トップページ>サービス概要:運営の方法

 自治体はもちろん、商工会、社会福祉協議会をはじめ、地域のさまざまな機関が協力しあって運営することが可能です。それぞれの地域の特性に合った組み合わせで、無理なく継続性のある運営体制を築けます。

運営体制
事業運営の体制について
地域を代表する団体とサービスを利用する住民の代表が参画して運営することによって、
住民に対して透明性の高い事業運営が可能
住民のニーズに合致したサービス提供が可能
テーブル下



商工会・社会福祉協議会・NPOが運行主体のケース
商工会・社会福祉協議会・NPOが運行主体のケースの図

特徴
地域商店街等とのタイアップで利用料収入だけでなく、広告宣伝収入など、他の運行収入確保施策が取りやすい
商店街を中心とした地域の活性化の取り組みが図られる
福祉施設や病院の提供するサービスとのタイアップで、ニーズの多い福祉サービスの向上が図られる

ページトップへ

テーブル下



自治体が運行主体のケース
自治体が運行主体のケースの図

特徴
事業運営、車両購入等に対する関係機関からの補助適用等の支援が受けやすい

ページトップへ

テーブル下




受付の方法
1.予約
電話で予約するシーン
住民は電話等で予約を実施
2.CTIとGISの表示
制御画面の図
「どこの」「誰から」予約が入ったのか、即時に判断が可能
予約受付可否が即座に判別可能
3.予約受付
オペレータが予約対応しているシーン
最小限の対応で、予約に即応が可能
利用人数が多くても効率的に対応が可能(1日200人以上の対応を行った実績あり)

ページトップへ

テーブル下



運行車両への乗車リストの配信
 
1.乗車の確認
予約情報取りまとめの図
複数の予約情報のとりまとめ
同一方向への乗り合わせ情報の確認
 
2.順路設定、リストの作成
オペレータが複数の利用者を同一方向の車を手配しているシーン
各車両が受け持つ、最適なルートを設定
利用者リストの作成
 
3.車両に配信
複数の車両に乗合リストを送信しているシーン
各ルートの利用者リストを担当する複数の各車両に配信
 

ページトップへ

テーブル下



リストによる乗降者の確認

 

 

1.乗車の確認
乗車の確認をしているシーン
ドライバー
利用者リストにもとづき、乗車を確認します。
乗せた後は降車場所をリストで表示します。
オペレータ
乗車データがセンタに送信されてくるので、適正な運行がなされているか確認できます。
2.降車
降車の説明シーン
ドライバー
降車場所リストにもとづき、降車を確認します。
降ろした後は、リストから削除されていくため、乗りあった乗客の送迎終了が容易に把握できます。
オペレータ
降車データがセンタに送信されてくるので、運行終了や適正な運行がなされているか確認ができます。

ページトップへ

テーブル下



システムにより蓄積されたデータの活用タイトル
システムのデータ分析機能により、利用頻度の高い地域・利用者層・時間帯の把握、地域別や路線別の登録率などのデータを容易に加工・分析でき、問題点の把握や、各種の改善策の検討に活用可能です。

システムデータの分析表 システムデータの分析図


常にニーズにあった運行の改善を〜小高町の場合
小高町の「おだかe-まちタクシー」では利用者の利用実績データをもとに、時刻表の改善等を実施し、地元タクシー業者や福祉、婦人団体等の顔ぶれで構成される“運行委員会”がこうした改善にひと役買っています。こうした取り組みが功を奏し、午前に比べて利用客の少ない午後に、幼稚園から帰る園児の送迎に利用したりと、住民の交通をより効率よく、快適にしています。


ページトップへ

テーブル下



ホーム サイトマップ お問い合せ プライバシーポリシー Copyright (c) 2005 全国デマンド交通システム導入機関連絡協議会